本屋 バイト

また働きたい!本屋のアルバイト

本屋のアルバイトでも任される内容によってやり甲斐があるものそうでないものがあります。雑誌・新書・文芸書・文庫本・コミック・実用書など様々なジャンルがあり書店によってはそれぞれ担当を決めます。
担当があると自分の仕事に責任も持つようになりますがそれぞれ作業に違いがあります。
コミックだと立ち読み防止のナイロンに入れる作業がありますし、雑誌だと朝一番で棚に並べなくてはいけないので単純作業でもあります。

 

私の場合は文芸書・実用書が担当でした。
文芸書はベストセラーやこれから売れそうな書籍の売り場を目立つ場所に設置します。
入口ドア入ってすぐや売り場でも一番目立つ所です。
見栄えも考えなければならないので大変ではあります。

 

ベストセラーは多く積み上げてアピールします。
売れ行きの順位をつけて分かりやすくします。
売れている本は発注しても数冊しか入荷しない事もあるので500冊、1000冊とあり得ない数字で発注します。
実際入荷するのは10冊位だったりします。

 

出版会社に直接TELする事もあります。
こういった作業になると忙しい中にもやり甲斐が出てきます。
自分でお勧めしたい本に手製のPOPを付けたりします。

 

その本を買って下さるお客さんがいると親近感が湧いたりします。もともと本に興味がある方ならば楽しいと思える仕事ですよ!

 

>>本屋のバイトを探す